ダイエットについてのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:ダイエットについて

ダイエットについてのカテゴリ記事一覧。富士フイルムのメタバリア。CMで有名になったこのダイエット商品は、はたしてメタボの救世主になれるのか?メタバリアの詳細と口コミをご紹介。

ダイエットについて
今の仕事についてから、10kg以上太ってませんか?営業マンという仕事をしていると、「飲み」の席に誘われる事も多々あるのではないですか?そんな飲みの席では、アルコー…

記事を読む

ダイエットについて
会社の健康診断の日にちが迫っている・・・でも、年末年始の暴飲暴食がたたって、あきらかに3キロくらいは太ってしまった気がする・・・。そんなあなたでも、じゃあしば…

記事を読む

ダイエットについて
食べ過ぎてしまっても、太らない方法とは?太る原因というのはただ一つ。消費カロリー < 摂取カロリーわかっちゃいるけれど、美味しい食べ物はつい食べ過ぎてしまう…

記事を読む

ダイエットについて
ダイエットするには、食事に気をつける事と、適度な運動をすること・・・これは耳にタコができるほど、世間で言われている正しいダイエット方法ですよね。ただ、実際に…

記事を読む

ダイエットについて
やせるには、運動が一番と思って運動しているが全然やせない・・・どころか、逆に太った!という経験をお持ちではないですか?原因は、”筋肉をつける運動”と”痩身のた…

記事を読む

ダイエットについて
メタバリアを食事前に正しく飲む事はもちろん大切ですし、正しい飲み方をしないとメタバリアの効力は無となります。でも、このままじゃメタボ検診に間に合わない。もっと…

記事を読む

ダイエットについて
メタボ検診に備えて、ダイエットをがんばっているけれど、なかなか効果が見られない・・・そんなあなた、もしかして睡眠時間が足りていないということはありませんか?…

記事を読む

食べ過ぎ&運動不足 そんな営業マンはヤセるヒマすら与えられないのか


今の仕事についてから、10kg以上太ってませんか?



営業マンという仕事をしていると、「飲み」の席に誘われる事も多々あるのではないですか?

そんな飲みの席では、アルコールと一緒に、唐揚げやラーメンなど、カロリーの高い食事をしてしまいがちです。


「ああ、調子に乗って食べ過ぎたかな?」とその場では後悔しても、運動する時間はないなあ・・・という人のほうが多いですよね?


営業先のお得意さんであれ、自分の会社の上司であれ、仕事上の延長で飲みにきているわけで、いったん席につけば自分は飲み食いを控えるというわけにもいかず、それでつい食べ過ぎてしまう人が多いようです。


「食べ過ぎ」を防ぐことが難しい、
だったら、

食べた分のカロリーが”なかったこと” 

になればいいと思いませんか?

たくさん食べても(食べ過ぎてしまっても)、少量の食事分のカロリーとたいして変わらないカロリーしか摂っていない事になれば、コレ以上太る事は避けられそうです。

karori.jpg


「そんな都合のいい話があるのか?」

と思われるかもしれませんが、摂取した糖分を体内で吸収させないように働きかける成分「サラシアエキス」を食事と同時に摂ることで、それは実現できます。


メタバリアスリム(メタバリアNEOが新しくなりました)には、「サラシアエキス」がたっぷり入っているので、効果を最大限にする正しい飲み方で食事と一緒に摂れば、食べた分のカロリーがある程度”なかったこと”になるわけです。


さらにメタバリアスリムは、腸内での便の移動をスムーズにする働きのある「水溶性食物繊維」がプラス配合されたので、ダイエットの大敵である”便秘”を防ぐ働きもあります。


夜の食事だけでもメタバリアスリムを毎回活用すれば、知らないうちに1か月後のベルトの穴の位置が変わっている事に気づくと思います。

たくさん食べても変わらない体型

食べ過ぎを気にする必要もなく、ストレスも溜めることなく、しかも体は日を追うごとに軽くなっていく。
そんな生活が現実のものになります。


食欲をがまんするか、がまんせずに引き算するか


会社の健康診断の日にちが迫っている・・・でも、年末年始の暴飲暴食がたたって、あきらかに3キロくらいは太ってしまった気がする・・・。


そんなあなたでも、じゃあしばらく食欲を抑えよう!と決意したはいいけれど、いざ美味しそうな食べ物を目の前にすると食欲が勝ってしまいませんか?



間違いなく、人間は食欲には勝てないでしょう。

なぜなら、それが人としての本能だから。




もちろん、どうしても我慢しなければならない状況もあるでしょうが、それは同時に、生理的には”ストレスを溜め込んでいる”事になります。


つまり、後々、副作用が出てくるというわけです。



副作用とは、食欲を我慢した反動でドカ食いしたり、逆に脳に栄養がいかないためにいつも疲れた体になってしまったりすることです。


そんな危険な副作用に怯えることなく、食欲は抑える必要もなく、それでいて

体に入ってきたカロリーだけを”なかったこと”にしてしまう方法のほうが楽ではありませんか?





我慢することなく、食べたもののカロリーが吸収されない状態を作ることができれば、実はもっとも効率のよいダイエットが可能になります。



ただし、太るのが抑えられるというだけで、飲めば痩せるというものではありませんが。


とはいえ、今以上に太りにくくできるのなら、食べることが大好きな人にとってはかなり朗報ではないでしょうか。



もちろん食べ過ぎは禁物です。

が、美味しいものを我慢せずに食べて、しかも食べたカロリーがお腹の中で”なかったこと”になるわけですから、特に代謝の落ちてくる40代以上の人にとってはたいへんありがたいサプリメントだと思います。


食べ過ぎても太らない方法:最も簡単な、つい食べ過ぎても太らない方法とは?


食べ過ぎてしまっても、太らない方法とは?


太る原因というのはただ一つ。

消費カロリー < 摂取カロリー

わかっちゃいるけれど、美味しい食べ物はつい食べ過ぎてしまうものです。

目の前に大好物があって、それを”太るから”という理由だけで我慢し続けられる人がいるでしょうか?



1日の消費カロリー以上に食べ過ぎてしまう事が太る原因・・・でも、周囲を見れば美味しいものがあふれている今の時代。

逆に、美味しいものを目の前にして我慢し続けるなんて、ストレスで他の病気になってしまいますよね。


食べ過ぎた分のカロリーをなかった事にできるサプリメントを飲んでおけば、つい誘惑に負けて食べてしまっても心配無用だと思いませんか?

富士フィルムのサプリ【メタバリア】




人は弱いものです。

食欲・性欲・物欲という、人の三大欲求のうち、生死に関わるものは食欲だけです。
だから、食欲を自らコントロールすることは難しいのです。


食べ過ぎる事を我慢することができないのなら、我慢しなくてもいいと思います。


その代わり、カロリーオーバー分をキャンセルできる成分を、胃の中に準備しておけばいいだけです。



我慢することで発生するストレスも解消できますし、これが食べ過ぎても太らない方法で一番簡単明快な方法ではないでしょうか。

運動ができない人のダイエット方法は?


ダイエットするには、食事に気をつける事と、適度な運動をすること・・・

これは耳にタコができるほど、世間で言われている正しいダイエット方法ですよね。


ただ、実際には食事制限は大変難しい方法です。
なぜなら、食事制限を続けていると、いずれは反動が来るため、ドカ食いの危険性が伴いリバウンドすることで、ダイエット前よりも更に太る可能性が高くなります。

6416cc637738c1d3bfb189426d1ae8e3_s.jpg


また、運動ができない人もいます。
怪我でヒザを痛めている人や、仕事が忙しいために運動する時間がない人、身体的理由で運動が不可能な人など。


そのような、

運動ができない人でも、食事制限をせずにダイエットできるのがメタバリアなのです


04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s.jpg


特に、炭水化物(ご飯・ラーメン・パスタ・お好み焼きなどなど・・・)が大好きな人にとっては、糖分を吸収させない効果があるメタバリアは、運動せずにダイエットする方法としてはうってつけ。



yun_12407.jpg


ただし、メタバリアは正しい飲み方で飲まないと、効果が半減するので注意が必要です。



いつ飲んでもいい、といったたぐいのサプリメントではないので、面倒に感じる人もいるかもしれません。


メタバリアの主成分”サラシアエキス”は、そもそも皮下脂肪の元となる糖質を腸で吸収させない方法なので、正しく飲まなければならない分、確実に太る元を断つことができるのです。



様々な理由で運動ができない人は、ぜひメタバリアで”太る元”を体内に吸収させない方法を試してみてはいかがでしょうか。

 タグ

運動しても痩せない・・・どころか太った!その原因と対策について


やせるには、運動が一番と思って運動しているが全然やせない・・・どころか、逆に太った!という経験をお持ちではないですか?


原因は、

”筋肉をつける運動”と”痩身のための運動”を間違えてしまったのかもしれません。

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s.jpg


筋力を使いすぎる運動は、筋肉繊維が太くなるために体重が増える場合があります。

しかも、筋肉がつきすぎると脚が太くなるというオマケがつきます。

本格的なスポーツをしたいのならそれでいいのですが、痩身の場合はちょっとやり過ぎです。

バランスが大切です。



痩身のための運動は、有酸素運動です。


有酸素運動とは、息が軽く上がる程度の運動を、30分以上続けて行う運動です。

例えばちょっと早足のウォーキングなどが代表的ですね。


094448.jpg



呼吸は通常よりも深い状態を続けながら、30分以上続けられる運動をすることで、体は蓄えている脂肪細胞をエネルギーとして使い始めます。


個人差はありますが、最低でも20分以上持続して有酸素運動を行えば、動くためのエネルギーである血液中の糖を使い果たすため、脳が脂肪細胞を燃やしてエネルギーに変える切り替え命令を出します。


続けて行うほど、脂肪細胞をたくさん使います。



息が軽く上がるようにするためには、やはり普通に歩く”散歩”ではなく、気持早足&大股でシャキシャキと歩くのが効果的。

その時に大切なのが姿勢。

背筋を伸ばし、腹筋と背筋を上手に使いながら前へグイグイと体を持っていく感じで歩くのです。


その時、水分はきちんと摂りましょう。

血液が濃くなって血流が悪くなると、エネルギー変換の効率が悪くなるため、途中でバテます。

水分補給 ウォーキング


早足ウォーキングが終わったら、筋肉をしっかりとストレッチして、疲労を回復することをお忘れなく。


早足ウォーキングは、筋肉をしなやかにつけて、なおかつ体全体の脂肪を減らす、もっともスタイルを良くする痩身方法といえるでしょう。



運動した後は、メタバリアで糖分の吸収をある程度おさえつつ、バランスの良い食事に徹すれば、短期間で体重だけでなく見た目的にも健康的に痩せている自分に気づくはずです


これで本当に痩せられる!痩せる食べ方気をつける事はたったの3つだけ 


メタバリアを食事前に正しく飲む事はもちろん大切ですし、正しい飲み方をしないとメタバリアの効力は無となります。


でも、このままじゃメタボ検診に間に合わない。

もっとダイエット効果を上げたい!

我慢せずに食べても太らない体になりたい!


と思いませんか?



実は、免疫学の考え方に、痩せる食べ方というのが存在します

もちろん、30回以上噛んで食べるとかそういった誰もが知っているような事ではありません。
(といっても実践している人は少ないでしょうが・・・)


東京歯科医科大学教授で、免疫学者の「腸をダメにする習慣、鍛える習慣」の著書がある藤田紘一郎先生によると、痩せる食べ方とは

■おいしいと思って食べる

■好きな人と一緒に食べる

■ニコニコしながら食べる


これが痩せる食べ方の秘訣、と言い切っています。


なるほど・・・ですね。

よく思い返してみると、食べても太らない人って上記のような事が習慣的にできているとおもいません?

私の知り合いにも、いつも笑顔でおいしい!おいしい!と言ってたくさん食べる人がいますが、全然太らないんですよねぇ。



藤田紘一郎先生によれば、おいしいと思って楽しく食べる事で交感神経が刺激され、エネルギーへの変換効率が良くなって脂肪燃焼が加速されるそうです。


逆に、

■まずいと感じながら食べる

■嫌いな人と食べる

■ストレスを感じつつ食べる

■付き合いで飲みに行く

■仕事しながら食べる

■子供に注意しながら食べる

■ストレス発散のために食べる


などは、どんどん太りやすい体を作ってしまう習慣だそうですよ。


「おいしい」「良い香り」と思って食べるのがいいということは、食事に対する考え方も根本から変えていかないといけませんよね。


好き嫌いが激しい人は、ストレスを感じながら食べる機会も多くなるだろうし、たとえ苦手かもと思う食べ物でも、食材のおいしさを感じてみようとする努力が最初は必要かもしれませんね。


やっぱり食事は好きな人と楽しく、わいわいと食べる事が大切なんですね。


食事前に飲むメタバリアと共にぜひ”痩せる食べ方”を習慣化して、いつまでも食べる事に我慢せずに太りにくい体を手に入れたいものですね。

ダイエットの効果が出ない、以外な理由とは


メタボ検診に備えて、ダイエットをがんばっているけれど、なかなか効果が見られない・・・

そんなあなた、もしかして睡眠時間が足りていないということはありませんか?



ダイエットと睡眠時間は、実は密接な関係があることがわかっています。

それは、食欲抑制ホルモン「レプチン」と、食欲増進ホルモン「グレリン」の分泌量が、睡眠時間によって逆転してしまう、というのです。



睡眠時間が7時間未満の人は、食欲増進ホルモン「グレリン」がたくさん分泌するのに対し、7時間以上睡眠を取っている人は「レプチン」が分泌する量が増えるということ。


実際、コロンビア大学での調査で、睡眠時間が7時間以上の人に対し、6時間の人で23%、5時間の人で50%も肥満率が高かったそうです。


ホルモンの分泌という、本能的なアプローチには人の理性は勝てないでしょう。

いくらダイエットするぞ!と意気込んでも、内なる力がそれを邪魔しているわけですから、いつまで経ってもカロリーカットならないくらい食欲が旺盛では・・・。



まずは睡眠時間を確保して、最低でも7時間は熟睡する時間を作りましょう。


レプチンを十分に出せるように習慣づければ、食欲も抑えられるので、メタバリアの効果も十分に発揮できるはずですよ。

Copyright © 富士フイルム”メタバリア”の詳細と口コミ評判はいかに? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

FX会社を選ぶポイント