太らない食べ方も大切のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:太らない食べ方も大切

太らない食べ方も大切のカテゴリ記事一覧。富士フイルムのメタバリア。CMで有名になったこのダイエット商品は、はたしてメタボの救世主になれるのか?メタバリアの詳細と口コミをご紹介。

太らない食べ方も大切
食べ放題と聞いて、テンションが上がる人は多いでしょうね。色々な食材が好きなだけ食べられるのは、確かに魅力的です。普段から食べ放題めぐりをしていると、やはり太り…

記事を読む

太らない食べ方も大切
3時のおやつは太らない、というのをご存じでしょうか?もちろん、食べ過ぎたら太るでしょうが、お昼ご飯を食べてしばらく経って、どうしてもお腹が空いた時は、昼の3時…

記事を読む

太らない食べ方も大切
太る食べ物・・・と聞いて、どんな食べ物を思い出しますか?からあげ、ご飯、ケーキなどがすぐに出てくると思います。ほかにも、炭水化物たっぷりのお好み焼きやたこ焼…

記事を読む

太らない食べ方も大切
短期間で痩せたい!だったら簡単、食欲を抑える事です。食欲をコントロールするポイントは、血糖値です。血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は通常、健康な成人であれば…

記事を読む

太らない食べ方も大切
メタバリアを食べる前に飲む、これは習慣づけてしまえば済むことですが、そのほかにも、この順番で食べれば太らない!というのがありますから、これも習慣化してしまい…

記事を読む

食べ放題では太らない食べ方をしよう!


食べ放題 太らない 食べ放題.jpg

食べ放題と聞いて、テンションが上がる人は多いでしょうね。
色々な食材が好きなだけ食べられるのは、確かに魅力的です。

普段から食べ放題めぐりをしていると、やはり太りやすくなりますが、実は食べ放題にも太らない食べ方というのがあるので、そのコツを3つご紹介しましょう。


まず1つ目、一緒に行く人のペースに左右されやすいので、”大食い”の人とはなるべく一緒には行かないことです。
大食いの人と食べ放題.jpg

隣でパクパクと気持よく食べられると、ついこちらもつられて食べてしまいますからね。


そして2つ目、決して”元をとってやろう”と意気込まないこと。

食べ放題 元を取る.jpg

お金を払っているということと、好きなだけ食べても良いという、通常の外食と違うシチュエーションに、どうしてもテンションはMAXになってしまいますが、無理して食べても体に良いことはありません。

食べ放題は、色々な食材を一度に楽しむためのもの
決して、”量”で勝負するものではないのです。


最後の3つ目は、心構えではなく食べる順番。

多くの人が、最初から飛ばして肉やパスタなど、血糖値を上げる食材を選びがちですが、これは最終的にトータルでたくさん食べられませんし、太る食べ方でもあります。

焼き肉 食べ放題.jpg

最初は野菜などの繊維を、15分くらいかけてゆっくりと楽しむことです。
食物繊維は、血糖値の上がり方がとても緩やかなので、お腹がすぐに一杯になってしまう、なんてことはありません。

その時に、ついでにお肉などのメインはまだ、席に持ってこないこと。
野菜のサラダや野菜料理だけを席に持ってきて、しっかりと時間をかけて楽しむことです。

野菜サラダ.jpg


次はいよいよメインのお肉になりますが、取りに行くのが面倒だからといって、皿に山盛りにしないこと。

料理が新しく盛りつけられたら、それを取りに行くのが基本です。
残り物の料理は、よほど食べたいものでない限りは無視でいいです。
そのほうが、料理の質で満足できますからね。

できれば最初に、これとこれとあれとそれと・・・と、食べたいものを決めておき、新しく盛りつけられたらその都度取りに行く、そんな感じが一番いいやり方です。

もちろん、すべてがうまくいくわけではないので、残り物を取らなければならない時もありますが。


最後にデザートです。
ちゃんとデザートが入るスペースも残しておきましょうね。

食べ放題 デザート スイーツ.jpg


食べ放題では、普段買わないようなフルーツや変わったスイーツなどがあるので、甘いもの好きならデザートを入れる胃のスペースは多めに開けておいた方がいいかも。


さて、食べ放題で満足できてなおかつ太らない食べ方をご紹介しましたが、一番大切なことは、

食べ放題に行く日は太ることを気にせず食べる!

これが一番、食べ放題で満足できる方法かもしれませんね(笑)。


食べ放題で満腹になるまで食べて、太るのがどうしても気になるなら、メタバリアを飲んでおけばある程度のカロリーは”なかったこと”になるので、気になる人はメタバリアを飲んでおいてもいいかも。


3時のおやつは太らない!


3時のおやつは太らない、というのをご存じでしょうか?

もちろん、食べ過ぎたら太るでしょうが、お昼ご飯を食べてしばらく経って、どうしてもお腹が空いた時は、昼の3時くらいにちょこっと甘い物を食べるのは、実は太らないんです。


その理由ですが、1日のうち、脂肪蓄積たんぱく質BMAL1(ビーマルワン)が一番少ない時間帯が昼の3時だから。

もう一つ、インスリンの分泌が、1日のうち最も活発になる時間帯が昼の3時だから。



つまり、糖分を脂肪として体内に蓄積する働きをするビーマルワンが、仕事をさぼっている時間帯というわけです。


おまけに、血糖値を下げる働きをするインスリンが、最も活発になる時間帯という、ダブル効果があるので、昼3時に食べたものは脂肪になりにくいんです。



昔から”3時のおやつ”とは言われてきましたが、なぜかこの時間帯に食べると太らない、ということを昔の人は体感で知っていたのでしょう。



もちろん、1日のうちで最も太らない時間帯があるなら、最も太る時間帯もあるということ。


それは、夜の10時!



ダイエットしてると言われませんでしたか?

「夜9時以降は食べちゃダメ!」と。



夜10時は、脂肪蓄積たんぱく質ビーマルワンがもっとも元気に仕事をしている時間帯。

何か糖分が入ってきたら、すぐにでも”脂肪にしてやろう”と手ぐすね引いて待ちかまえてるのが夜10時という時間帯。


しかも、インスリンを出してくれる頼みのすい臓は、この時間は最もさぼっている時間帯なんです。



でも・・・どうしてもお腹が空いて仕方がない、お腹が空きすぎて眠れないっ!

なんて時もあると思います。



そんな時は、コンビニで売ってるみたらし団子を1本だけ食べる、または水ようかんを一個だけ食べる。



決して菓子パンとかは食べないように。以外とカロリー高いのがパン類ですからね。


食物繊維の多いものもいいです。

消化がゆっくりになりますし、もずくや納豆なら、水溶性食物繊維も一緒に取れるので、腸内で便の移動がスムーズになりますからね。

太る食べ物、油っぽい、甘い、もう一つ・・・


太る食べ物・・・と聞いて、どんな食べ物を思い出しますか?

からあげ、ご飯、ケーキなどがすぐに出てくると思います。

ほかにも、炭水化物たっぷりのお好み焼きやたこ焼き、カロリーがっつりの牛丼やうな丼など、こってり系や甘い物系などが”太る食べ物”の代表格でしょう。



つまり、脂っこいこってりした食べ物や、砂糖や乳製品をたっぷり使った甘いスイーツ系のものなどのほかに、注意するべき食べ物があります。


それは、「味の濃い食べ物」です。


味の濃い食べ物は太る食べ物です。

なぜなら、味が濃いと、ついつい「・・・もう一杯」となりません?



味の濃い食べ物は、つい食べ過ぎてしまうというリスクがあるんです。



味つけが濃い物は、食欲をそそります。

あなたも経験があると思いますが、おいしい物はだいたい、味が濃いものです。


「あー、おいしかった。もう一杯いけそう」

そう思った事、あるはずです。



逆に、うす味のものだとどうでしょう?


「もう一杯」とはなかなか言わないでしょう?



だからといって、味の薄いものばかりを選んで食べましょうというわけではありません。


同じ食べるなら、やっぱり味が濃くて美味しいものを食べたい、と思うでしょう。



でも、味が濃くておいしい食べ物は、余分に食べてしまう可能性がある、という事を常に頭の片隅に置いておいてください。


そうしないと、せっかくメタバリアを食前に飲んでも、やはり食べ過ぎれば効果は半減どころか、やっぱりカロリーオーバーという事になってしまいますからね。


ダイエットすると決めたときには、強い意志はダメですが、「軽い意識と数週間先の自分の姿」このくらいは常に意識しておかないと、濃い味のおいしい食事には負けてしまいます。

短期間で痩せたい人必見!食欲を簡単に抑える方法


短期間で痩せたい!

だったら簡単、食欲を抑える事です。


食欲をコントロールするポイントは、血糖値です。

血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)は通常、健康な成人であれば 

血液 100ミリリットル中に70〜110mg


血糖値は、 下がれば ⇒ お腹空いた  上がれば ⇒ お腹いっぱい



食べる速度が血糖値の上昇を生みます


食べる量よりも”早食い”の方が問題が大きいわけで、「満腹感」というのは決して食べた量ではなく、あくまでも血糖値が上がった状態が脳に伝わるだけの事なんです。



早食いすると、血糖値が急激に上がります
そしてその後、急激に血糖値が下がり、たくさん食べたのにまだお腹すいた・・・ということになるわけです。

早食いすると太ると言われるのは、急激に上がった血糖値が反動で急激に下がるため、満腹なのに更に食欲がわいてしまうからです。


逆にゆっくりと食べると、ゆるやかに血糖値が上昇し、その後ゆるやかに血糖値は下がります。


”よく噛んで食べましょう”というのは、食べ物を細かくして胃腸に負荷を与えない事と、食事全体をゆっくりと終えることで血糖値の急激な再下降を防ぐという事につながります


ゆっくり食べれば、少ない量でも上昇した血糖値はなかなか下がらないため、腹八分で満腹感を覚えるわけです。


ゆっくりと”楽しみながら”食事をし、血糖値を緩やかに上昇させる事で必要以上に食べなくても済むよう、脳に満腹感を伝えること。


そして、食べた食事の脂肪分はメタバリアでブロック!


食欲を抑えつつ、メタバリアで脂肪をブロックすれば、短期間で効果が出る事は間違いありません。

食べる順番で太りにくくする方法


メタバリアを食べる前に飲む、これは習慣づけてしまえば済むことですが、そのほかにも、


この順番で食べれば太らない!


というのがありますから、これも習慣化してしまいましょう!


まず、食卓には必ず「野菜」「汁物」を最低でもプラスして並べることです。



例えば丼料理であっても、必ず野菜サラダと味噌汁などをつける、ということです。



太らない食べ方の順番ですが、「血糖値が急激に上がると太りやすい」、これを逆に意識します。

つまり、血糖値がゆるやかに上がっていく食べ順
、これを習慣化しましょう。



頑張らないあなたに!メタバリアNEOお試し500円♪





最初に、必ず野菜から口にします。
野菜は血糖値を緩やかに上昇させますし、食物繊維やビタミンが、その後の食事の消化を良くしてくれます。

いきなりご飯のような炭水化物を食べると、血糖値が急激に上がって太りやすい状態がつくられますから注意してください。


次に、汁物をいただきましょう。
軽くでいいですが、あせってご飯や肉に食らいつく事はしないためにも、少し時間を作るくらいの感じでいいでしょう。


そして、肉・魚などのたんぱく質をいただきます。

最後に、ご飯などの炭水化物をいただきます。


まとめると、

野菜 ⇒ 汁物 ⇒ たんぱく質 ⇒ 炭水化物


この順番が最も血糖値が上がりにくいので太りにくい食べ方、順番となります。


どうでしょう?
あなたは今まで、この逆の食べ方してませんでした?

ダイエットに苦労していたはずです。


もちろん、これだけじゃなく、食べる前にはメタバリアを30分前以内くらいに飲んで脂肪吸収を回避、上記どおりに食べる、これだけでも今までとはかなり脂肪になる確率は低くなります。


加えて「良く噛んで、時間をかけて楽しんで食べる」、これが加われば、もうあなたはメタボを心配する事はなくなるはずです。




頑張らないあなたに!メタバリアNEOお試し500円♪






Copyright © 富士フイルム”メタバリア”の詳細と口コミ評判はいかに? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

FX会社を選ぶポイント