3時のおやつは太らない、というのをご存じでしょうか?

もちろん、食べ過ぎたら太るでしょうが、お昼ご飯を食べてしばらく経って、どうしてもお腹が空いた時は、昼の3時くらいにちょこっと甘い物を食べるのは、実は太らないんです。


その理由ですが、1日のうち、脂肪蓄積たんぱく質BMAL1(ビーマルワン)が一番少ない時間帯が昼の3時だから。

もう一つ、インスリンの分泌が、1日のうち最も活発になる時間帯が昼の3時だから。



つまり、糖分を脂肪として体内に蓄積する働きをするビーマルワンが、仕事をさぼっている時間帯というわけです。


おまけに、血糖値を下げる働きをするインスリンが、最も活発になる時間帯という、ダブル効果があるので、昼3時に食べたものは脂肪になりにくいんです。



昔から”3時のおやつ”とは言われてきましたが、なぜかこの時間帯に食べると太らない、ということを昔の人は体感で知っていたのでしょう。



もちろん、1日のうちで最も太らない時間帯があるなら、最も太る時間帯もあるということ。


それは、夜の10時!



ダイエットしてると言われませんでしたか?

「夜9時以降は食べちゃダメ!」と。



夜10時は、脂肪蓄積たんぱく質ビーマルワンがもっとも元気に仕事をしている時間帯。

何か糖分が入ってきたら、すぐにでも”脂肪にしてやろう”と手ぐすね引いて待ちかまえてるのが夜10時という時間帯。


しかも、インスリンを出してくれる頼みのすい臓は、この時間は最もさぼっている時間帯なんです。



でも・・・どうしてもお腹が空いて仕方がない、お腹が空きすぎて眠れないっ!

なんて時もあると思います。



そんな時は、コンビニで売ってるみたらし団子を1本だけ食べる、または水ようかんを一個だけ食べる。



決して菓子パンとかは食べないように。以外とカロリー高いのがパン類ですからね。


食物繊維の多いものもいいです。

消化がゆっくりになりますし、もずくや納豆なら、水溶性食物繊維も一緒に取れるので、腸内で便の移動がスムーズになりますからね。