メタボ検診に備えて、ダイエットをがんばっているけれど、なかなか効果が見られない・・・

そんなあなた、もしかして睡眠時間が足りていないということはありませんか?



ダイエットと睡眠時間は、実は密接な関係があることがわかっています。

それは、食欲抑制ホルモン「レプチン」と、食欲増進ホルモン「グレリン」の分泌量が、睡眠時間によって逆転してしまう、というのです。



睡眠時間が7時間未満の人は、食欲増進ホルモン「グレリン」がたくさん分泌するのに対し、7時間以上睡眠を取っている人は「レプチン」が分泌する量が増えるということ。


実際、コロンビア大学での調査で、睡眠時間が7時間以上の人に対し、6時間の人で23%、5時間の人で50%も肥満率が高かったそうです。


ホルモンの分泌という、本能的なアプローチには人の理性は勝てないでしょう。

いくらダイエットするぞ!と意気込んでも、内なる力がそれを邪魔しているわけですから、いつまで経ってもカロリーカットならないくらい食欲が旺盛では・・・。



まずは睡眠時間を確保して、最低でも7時間は熟睡する時間を作りましょう。


レプチンを十分に出せるように習慣づければ、食欲も抑えられるので、メタバリアの効果も十分に発揮できるはずですよ。