メタバリアneoのダイエット有効成分である”ケルセチン”。

ケルセチンという名前を初めて聞いた人も多いのではないでしょうか。


ケルセチンの体内での効果はどのようなものでしょう。



ケルセチンというのは、主にタマネギに多く含まれているポリフェノールの一種です。


ケルセチンは、主に肝臓の脂肪をよく燃焼させる事が知られています。



肝臓の余分な脂肪を燃焼してくれるので、肝臓が健康になります。

特にお酒などを飲む方で、肝臓脂肪の多い人は、タマネギを後述するような調理法でお酒のつまみにするとよいでしょう。



肝臓は代謝機能をつかさどっているので、肝臓が元気になることで体の代謝が良くなり、結果的に脂肪を効率よくエネルギーに変えられる”痩せやすい”体を作ることができます。


またケルセチンは、消化器官内では脂肪分と結合するため、脂肪の吸収を抑える役割があります。




肝臓では肝臓の脂肪を効果的に燃焼し、消化器官内では脂肪分と結合するという働きを持っているのです。



メタバリアneoには、このケルセチンもしっかりと含有していますから、糖分の吸収を阻害するサラシアとともに、脂肪分を燃焼させ、脂肪分を結合してそのまま体外へと排出してくれるケルセチンが、効率よくダイエットサポートをしてくれます。



タマネギでケルセチンを摂る場合は、少しコツが入ります。

タマネギは、切ってすぐにはケルセチンの効果が薄いため、レンジで20秒ほど温めるか、切ってから30分程度そのまま置いておくと、化学反応によってケルセチン効果が発揮されますよ。



お酒のおつまみには、ぜひタマネギを上記のような調理方法で料理し、一緒にいただく事をおすすめします。


 カテゴリ