メタバリアの正しい飲み方を、「富士フィルム ヘルスケア ラボラトリー」というフリーダイヤルの相談窓口で実際に聞いてみました。

メタバリアの飲み方で最も効果があるのは、

毎食事15分から20分前に、多めのぬるま湯で飲む

これが最もメタバリアの効果を発揮できる飲み方だということ。


理由は、メタバリアの主成分であるサラシアは、糖分の吸収を抑える働きがあるため、太る原因である”糖分”を摂取した時、同時にサラシアを体内に常駐させておくことが大事だからなんです。


食事の時以外にメタバリアを飲んでも、サラシアは特になんの働きもしてくれません。

メタバリアは”やせ薬”ではないんです。


メタバリアのサラシアは、食事で摂った”糖分”が体に吸収されるのをスルーしてくれる働きがあるだけ。


だから食事と共に体内に常駐させておかないと、意味がないわけですね。


しかもメタバリアの錠剤が、きちんと溶けていることが必要。

だから15分〜20分前に、少し多めのぬるま湯でしっかりと胃の中で錠剤を溶かしておくことが大切。


水よりもぬるま湯のほうがいいのは、良く溶ける事と体に優しいことが理由です。


食べる15分〜20分前にメタバリアを飲む事を習慣化し、それを数ヶ月継続することができれば、吸収される糖分が随分と減ることになりますね。

 カテゴリ